東京コンテンポラリーシアター(TCT)は、2016年6月 音楽家、 デザイナー、プロデューサー、演奏家、作曲家が集結した総合芸術集団。オリジナル脚本によるメッセージ性の高い、熱量溢れる演目が特徴で出雲、宮島、高千穂、羽黒などの名高い寺社仏閣でも数多く公演している。特に羽黒山国宝五重の塔では2016年より3年連続で公演をし、2017年からはクラシック奏者と共に「音楽演劇」という新ジャンルを立ち上げ、YUKKOオリジナル脚本にて全国各地で公演、同年にはパリ、ベルリンでも単独公演をしている。


YUKKO

脚本、演出、表現
舞いながら奏でる〜神秘的な美しさと魂を揺さぶる情熱を兼ね備えた孤高のパフォーマンスアーティスト。6歳からピアノ、13歳からフルート、18歳から作詞作曲をはじめ、1999年Sony Recordsよりシンガーソングライターとしてメジャーデビュー(元ヒップランドミュージック所属)クラシックの確かな技術と高い熱量を兼ね備えた「吹く舞う唄う」というYUKKOの表現は、見るもの全てを一瞬にして異世界へ誘う。特にエフェクターを駆使したフルート演奏は他に類を見ないYUKKO独特の表現方法であり、独奏は圧巻を極める。クラシックフルートを上野星矢、コンテンポラリーフルートを多久潤一朗に師事。ピナバウシュを敬愛する。


Eri Okai

Creative Producer

東京都出身。クリエイティブプロデューサー。学生時代に広告企画制作会社でインターネットの世界を知り、その後、デジタルプロダクションの創業メンバーとして、黎明期より20年以上に渡り活躍。高い感度から生み出される vividなクリエイティブはファッション/アパレルをはじめとする様々な業界やアーティストから支持を集める。

時代を捉える非凡なプロデュース感覚は唯一無二。グローバル企業やナショナルクライアントを中心に斬新な広告を数多く手掛け、会社を日本有数のプロダクションに成長させる。YUKKOとは高校の同級生。


Kohei Suzuki

Art Director

2004年よりデジタルプロダクションにて勤務。Webを中心にポルシェやダンヒルなどインターナショナルブランドを数多く手がけた後、2011年渡英。デザインの本場ロンドンにて、最先端の現場で先進的なグローバルデザインを学び、フリーランスのArt Directorとして活躍。

帰国後、世界的な外資系広告代理店にてアートディレクターとしてナショナルクライアントのCIからプロダクト、WEB、映像、空間、広告キャンペーンまで幅広く手掛ける。

繊細な色彩感覚と洗練されたデザインが特徴。


Rina Honda

Food Director

イタリア料理カプリチョーザの創設者本田征昭を父に持つ、生粋のFood Director。2018年カプリチョーザ40周年を機に専務取締役に就任。国内外に展開するカプリチョーザグループの新たなマーチャンダイジングの改革を考案。カプリチョーザ本来の伝統伝承と新たなカプリチョーザスタイルの確立に情熱を注ぐ。

URLhttp://capricciosa.com