ABOUT

東京コンテンポラリーシアターは、2016年6月音楽家、デザイナー、プロデューサー、演奏家、作曲家が集結した総合芸術集団。

クラシック奏者が自ら「奏で、演じ、唄い、舞う(生演奏と演劇を融合させた)」コンテンポラリー音楽劇を活動の主とし、脚本・演出・劇中曲・プロモーションすべてをメンバーがオリジナルで制作する。特に「古事記」「仏道」をテーマにした演目は伊勢をはじめ、出雲、宮島、高千穂、羽黒などにある寺社仏閣で奉納演舞され​、各地で賞賛を得る。

2016年からFM87.6MHz渋谷のラジオの総合芸術ナビゲーターを担当し、様々なイベントを企画、公演している。

PROFILE

Yukko
Storyteller. Flute. AltoFlute

舞いながら奏でる‐ 神秘的な美しさと魂を揺さぶる情熱を兼ね備えた孤高のパフォーマンスアーティスト 6歳からピアノ、13歳からフルート、18歳から作詞作曲をはじめ、1999年sony recordsよりシンガーソングライターとしてメジャーデビュー。クラシックの確かな技術と高い熱量を兼ね備えた「吹く舞う唄う」というYUKKOの表現スタイルは見るものを全てを一瞬にして異世界へ誘う。 クラシックフルートを上野星矢、コンテンポラリーフルートを多久潤一朗に師事。ピナバウシュを敬愛する。

Akira Yamagata
Pianist

3歳からピアノを、14歳から歌をはじめる。美とロマンと歌をこよなく愛し、あたたかく誠実な音色と深い呼吸から生まれる「間」は、聴衆と共演者を強くひきつける。第12回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第一位、同時に特別賞受賞。ソリストとして様々なピアノ協奏曲をオーケストラと共演。2013年にはルーマニア国立コンスタンツァ歌劇場オーケストラに招聘され、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏、ヨーロッパデビューを果たした。ソロ以外でも様々な楽器、歌い手とのアンサンブル活動を展開。また、ジャンルを超えたコラボレーションにも積極的に参加し、表現を追求している。東京藝術大学大学院修士課程修了。

Yohei_saito

Yohei
Illustrator,Painter

アニメーターとして、ルパン3世·エヴァンゲリオンほか多数。2011年、独学にて鉛筆による超写実画を描き始め、銀座·筑波にて個展を開催。コンクール入選にてフランス·パリ、スペイン、国立新美術館等出品。油絵・舞台背景画、またデジタルによる絵の制作など、表現を広げる。NHK特番にてドキュメンタリー出演。

TCT_uni

Eunhee KIM
Composer,arranger,engineer

18歳より作曲を本格的に始める。尚美ミュージックカレッジ専門学校在学中より、学内CDレーベルや企画に多数参加。卒業後は劇団歴史新大陸「古事記-日本の始まりの物語-」劇伴作曲、東京コンテンポラリーシアター「コンテンポラリー音楽劇」の作曲・ヨーロッパツアーにてギタリストTakeshi Nishimoto氏とのセッションに参加するなど、音楽活動の場を広げている。2017年、山形県羽黒山にある出羽三山神社の五重塔(国宝)・三神合祭殿(国の重要文化財)にてオリジナル曲を2曲奉納。

Eri
Creative Producer

東京都出身。クリエイティブプロデューサー。学生時代に広告企画制作会社でインターネットの世界を知り、その後、デジタルプロダクションの創業メンバーとして、黎明期より20年以上に渡り活躍。高い感度から生み出される vividなクリエイティブはファッション/アパレルをはじめとする様々な業界やアーティストから支持を集める。時代を捉える非凡なプロデュース感覚は唯一無二。グローバル企業やナショナルクライアントを中心に斬新な広告を数多く手掛け、会社を日本有数のプロダクションに成長させる。

Kohei
Art Director

2004年よりデジタルプロダクションにて勤務。Webを中心にポルシェやダンヒルなどインターナショナルブランドを数多く手がけた後、2011年渡英。デザインの本場ロンドンにて、最先端の現場で先進的なグローバルデザインを学び、フリーランスのArt Directorとして活躍。帰国後、世界的な外資系広告代理店にてアートディレクターとしてナショナルクライアントのCIからプロダクト、WEB、映像、空間、広告キャンペーンまで幅広く手掛ける。繊細な色彩感覚と洗練されたデザインが特徴。

Rina Honda
Food Producer

伊太利亜飯店 華婦里蝶座(カプリチョーザ)創業者の父 本多征昭氏の遺志を引き継ぎ、2017年に新たなカプリチョーザを次世代に繋げるべく、取締役に就任。「食を通してハッピーを伝えたい」彼女の熱き思いは古き良きを残し、今を感じ、未来へ繋げること。新生カプリチョーザは来年40周年を迎える